住宅の見ためをこだわりたくても防水だけは大事です

洗面所をこだわる奥様が意外と多かったりするのですが、悪いことは言いませんから、洗面所のまわりは「防水」を心がけた方がいいでしょう。いや、正確に言えば「洗面ボウルのまわりの防水性」でしょうか。「洗面ボウルのまわりの防水性」は本当に気を配った方がいいのです。

なぜ「洗面ボウルのまわりの防水性」に気を配った方がいいのかと言いますと、場合によっては壁やカウンターが腐るからです。もちろん、顔を洗ったりして洗面ボウルから飛び出した水気によって腐るのです。とくに壁は要注意です。

そりゃあ、キッチンのコンロまわりにしましても、洗面ボウルのまわりにしましても、そこだけ防水対策をしている壁にするよりも、他と同じく統一した方が見た目はとてもキレイでスッキリします。しかし毎日使う洗面ボウルですから、壁が水気で腐って後にプチリフォームをせざるを得ない状況になるより、最初から周辺に防水対策をしておく方がいいというものです。

洗面ボウルの背後の壁を防水対策をするだけでも、ずいぶんと「保ち」が変わりますので、心に留めて置くといいですよ。