住宅購入」カテゴリーアーカイブ

学生時より勉強した20代で建てる新築

まずは、金銭面。住宅ローンを組んで月々返済をしつつ普段の生活が送れるかどうかが心配でした。家計簿・毎月の支出を計算して返済する額を設定しました。

その次はライフイベントや子供の人数・老後のことを考えての土地の決定・間取りの構成を近隣の住宅展示場や雑誌を読み漁り勉強しました。その後はスムーズにいきましたが、建ててみて収納がもっとあった方がよかったとか細かいところをもっと煮詰めるべきでした。

まだ26歳で大手銀行はまったく相手にしてくれなかったので第二地方銀行を利用しました。片親でなかなか頼れなかったので、余分な補償料金(銀行の保証協会みたいなとこ)をとられましたが…

その他月の収入額と支出額をしっかり書き出し把握すること。そうするといくらのローンを組んでいけば生活が苦しくなく返済していけるかがわかります。年齢が若いと借りられる額も限りがあるかと思いますので各銀行でシュミレーションがあるのでそちらを活用します。

土地選びには、子供を支点に幼稚園・小学校・中学校・高校が近い場所を選びました。そのほか通学に電車を利用することも考えました。自分の将来・子供の将来を考えてそちらをすべて考慮・妥協しMAPなどに要点の場所からコンパスを引き重なる場所で選ぶといいかもしれません。

なかなか年代を若くして家を建てるという決心がつかない方・本当に建てれるか分からない方もいるかもしれません。しかしローン・経済状況など把握し、将来性を考え進めていけば若いうちでも家は建てれます。年代をいってからの新築ではないので、月々の返済が少なくてもいいというメリットもあります。現に自分は26歳で40坪の家を地方工務店に依頼し、2000万で家が建ち月々の返済は6万4千です。