やっぱり一戸建てが好きです

私は地方の出身です。家は一戸建ての持ち家でした。
一人暮らしの経験もあり、アパートやマンションに住んだこともあります。
そんな私が結婚した将来でどんな家に住みたいかというとやっぱり一戸建てなのです。それももちろん持ち家がいいです。
私がそう考えるのはやはり実家が一戸建てだったからだと思うのです。

庭があって、そこでガーデニングしたり、小さな家庭菜園をやったりして家の中は家族の声であふれている…そんな暮らしが実家ではありました。

アパートやマンション暮らしは便利ではありました。
駅が近く、利便性がありました。しかし、私には窮屈でした。
部屋は狭いし、壁を隔たただけで住人の生活音が聞こえてしまうアパートやマンションは気を使うことも多かったのです。

また、庭がないことも寂しかったのです。私は交通の便が悪い田舎でも、
緑が豊かな所でのびのびと暮らしたいと思ったのです。
生まれ育った環境が私には一番合っているのです。

将来、もしアパートやマンションで暮らすようになったとしても、
せめて老後は田舎の一戸建てでのびのびと暮らしたいと思っています。