子供達の希望が詰まった子供部屋

我が家は中古マンションを購入後、自分達の生活スタイルに合わせて、一部をリフォームしました。その際7歳4歳の兄弟が使う子供部屋の内装とインテリアを工夫することで、子供達に喜んでもらい、愛着を持たせ大事に使用するよう、また新しい環境にスムーズに移行できるよう考えました。

①壁一面のみアクセントカラーにブルーグリーンを採用しました。この色は仕様決めの際に、兄弟に選んでもらった、お気に入りの色です。

②憧れていた二段ベッドの配置。これには兄弟はテンション高く喜んでくれました。4歳の次男はそれまで母である私にくっつくように寝ていましたが、自分の城ができた気分で、以来すっかり自分一人で寝られるようになりました。

③7歳の長男の勉強も兼ねて、壁に世界地図のウォールステッカーを貼り、カッコ良く仕上げました。寝る前は世界の国当てクイズなどをして楽しんでいます。

④子供達は蓄光タイプの壁紙を希望していたのですが、それは直ぐに飽きてしまうだろうということで、もっと簡単に、シーリング照明に星形の蓄光タイプのシールを貼り、消すと一定時間星が浮かび上がるように仕掛けました。寝るまでの一瞬の楽しみです。

毎日子供達が楽しそうにそこでおもちゃを広げて遊んだり、本を読んだりして過ごす様子に、幸せを感じます。成功ポイントは、子供達の希望と意見を上手く聞き出し、取り入れるところは取り入れ、それをまとめることだと思います。