習い事をやらせてくれと言ってきた日

四年保育の幼稚園にあがり、そろそろ何か習い事をさせたいと感じていました。主人は「自分からやりたいと言うものを習わせてやれ」という人なのでこちらから子供には何も言いませんでした。もうすぐ四歳になろうとする頃のある日、「ねぇママ、ピアノってどうしたら上手になれる?」と言ってきました。「先生に教えてもらって、たくさん練習を頑張らないと無理だよ」と言うと、「じゃあ一生懸命頑張るから、ピアノが欲しい」と。驚きました。実は私も娘と同じ三歳でピアノを習いたいと言い、15年続けたのです。結婚前にピアノは売ってしまったので、ピアノを買わなければいけないのですが、何度確認しても頑張るというので習わせる事にしました。「何でもいいから何か好きな事を一つ見つけて努力できる人になって欲しい」というのが私と主人の願いです。どれだけ続くかわかりませんし、これからどんどん好奇心を抱きお金もかかりますが、親に出来るのは「好きな事一つ」を見つける為の環境を整える事かなと思っています。共働きでも決して裕福ではありませんが、その為に頑張って働こうと思いました。

PR|オープンハウスで理想の家探し|